切らないでも

美肌

 従来は、顔のシワを治す方法として、メスを使って物理的にたるんだ皮膚を取り除いてしまう方法が採用されるのが一般的になっていました。加齢の影響で皮膚のたるみが進むと肌にシワが生じるようになります。でも、たるんだ皮膚を切除してしまえばシワの発生を防ぐことができます。また、皮膚を切除した後でギュッと縫い縮めるようにすれば、既に発生しているシワを目立たなくすることができます。ただし、メスを用いる手術を受けると、体が大きなダメージを受けます。手術の傷跡も残ってしまいますので、嫌がる人が少なくありません。そこで、最近では溶ける糸や金の糸を用いる治療を受ける人が多くなってきています。溶ける糸や金の糸を用いる治療であれば、体が受けるダメージを低く抑えることが可能になります。

 溶ける糸を用いるシワ治療は、フェザーリフトという名前で呼ばれることが多いです。フェザーリフトは、皮膚の裏側からたるんだ肌を引き上げる方法ですので、メスを用いるフェイスリフト手術とほぼ同様の効果を得ることができます。つまり、皮膚のたるみが原因で発症しているほうれい線などを消したいのであれば、フェザーリフトが有効です。しかし、そのような深いシワではなく、顔全面に生じている小ジワの改善を希望している場合には金の糸の方が適しています。金の糸は、たるんだ組織を引き上げる治療ではありません。大雑把なことを言うと、皮膚の下に金の糸という異物を埋め込んで、それに対する生体反応を利用して肌の若返りを図る方法です。ですので、細かい縮緬ジワの解消や肌のハリを取り戻したいと希望している人には、金の糸が向いています。